« 「都市伝説の類い」だそうですが… | トップページ | 梅原淳と自称・岸田法眼はいい勝負だと思う。鉄道分野なら »

2015年4月29日 (水)

その文化人は誰ですか?(byちひろさん)

梅原淳「なぜ風が吹くと電車は止まるのか」(PHP新書)より。

「筆者は、鉄道について詳しいある高名な文化人が「少々強い風が吹いたくらいで列車を止めるな」という旨の発言を聞く機会があった。プロフィールを拝見すると、風の弱い首都圏の内陸部にお住まいのようで、強風のもたらす被害の恐ろしさが理解できない点についてはやむを得ないのかもしれない」(P91、原文ママ)

この文化人がどなたかは是非知りたいものです。
文化人といえば、池上彰さんの言説も梅原さんとしては容認しがたいところ、と見ます。
池上さんは「緊急!池上彰と考える"巨大地震" その時、命を守るためにⅢ」で、地下鉄に乗っていて地震に遭遇した時は東京であればしばらく地下に留まるべきと奨めています。

テレビ未来遺産
http://datazoo.jp/tv/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E9%81%BA%E7%94%A3/833976/2

しかし、梅原さんは以下の理由で「ただちに地上へと避難すべき」(「風が吹くと」P59)としています。
①新しい地下鉄はともかく補強工事が行われた地下鉄では強度が心配。元から建っている開削トンネルの中柱自体に変化はない。中柱が支えられなくなった場合でも補強材などで支えるから問題はないというが、その時には大きな音と衝撃が生じている。
②地下鉄の耐震基準が余震をどの程度考慮しているか不明。
③非常電源装置があっても停電が長引けばいつかは電力はなくなる。トンネル内の換気や排水ができなくなれば、最悪ホームの浸水や酸欠状態になる。
(地下鉄の耐震基準は昔ながらの開削トンネルにしか存在しないそうです。シールドトンネルや馬の蹄状のトンネルは周囲の圧力に強いから基準が設定されなかった、と梅原さんは見ています)

「地下鉄に乗っていて大地震に遭遇したなら、乗務員や駅員の指示のもとにただちに避難しよう」と梅原さんは言っていますが、駅員の指示が「しばらく待避スペースに留まるように」だったらどうすればいいんでしょうか?梅原さんの行動としては指示を無視して地上に避難するのみならず他にもそう呼び掛けるのが"正しい"ですが、階段で将棋倒しになる・瓦礫で身動きが取れなくなる等の事態になってもそれは梅原さんの自己責任であるべきです。

できれば、池上さんと番組内で対決して頂きたいものではありますが。

|

« 「都市伝説の類い」だそうですが… | トップページ | 梅原淳と自称・岸田法眼はいい勝負だと思う。鉄道分野なら »

「JR崩壊」?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その文化人は誰ですか?(byちひろさん):

« 「都市伝説の類い」だそうですが… | トップページ | 梅原淳と自称・岸田法眼はいい勝負だと思う。鉄道分野なら »